【出版秘話#04】カリー子流レシピの書き方。

一気に書き上げるのが苦手で、毎日少しずつ書いていました。

気付いたらエクセルも1000行を超えていました。

私流のレシピの書き方はシンプルに3ステップです。

①まず、材料とそれに合うスパイスとベースを考え、一度脳内調理をして、それを書きだします。
大体ノートか何かの裏紙に書きます。厳密に考えるというより、ふわふわと思いつく完成系を書きそびれないようにザザッとスケッチします。

②作りながら微調整します。炒め時間、調合比ですら変わることもあります。作っている時の流れを優先して、書き換えていきます。

③書き換えたものを整理して、パソコンに書き写します。

 

ノートはスケッチで、保存はパソコンで。非常にシンプルです。

頭で、一度考えて⇒スケッチして⇒微調整しながら作るので、あまり時間がかからずほとんど失敗しないです。

各スパイスの香りを厳密に覚えていて自分でレシピを書いてみたい方は、この方法も一度試してみて下さい。

カリー子流ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

毎日自炊でインドカレー。23歳の女の子。大学院生。 インドカレー初心者のためのおみせ「印度カリー子のスパイスショップ」の代表。「はじめてのスパイスキッチン」シリーズは、カレー好き、本格インドカレーをはじめたい人のために作りました。