Prakashに教わったトマトラッサム

rasam
Print Recipe
Prakashに教わったトマトラッサム
カルナータカ出身のインド人の友達に教わったトマトラッサムのレシピです。
下準備 10 minutes
調理 20 minutes
所用時間 30 minutes
分量
people
材料
ラッサムパウダー
テンパリングスパイス
材料
下準備 10 minutes
調理 20 minutes
所用時間 30 minutes
分量
people
材料
ラッサムパウダー
テンパリングスパイス
材料
作り方
下準備
  1. ラッサムパウダーを作っておく。クミンシードとホールブラックペッパーを香りが立つまでフライパンで煎り、石臼かミルサーで粗挽きに潰しておく。
  2. タマリンドを10分ほどぬるま湯に浸したあと手でよく揉み出しておく。濃さは好みで調整。
  3. トマトをボウルに入れて手で握りつぶす。
作り方
  1. 鍋に油を敷き、上から順番にテンパリングスパイスを入れて焦げないように弱火で加熱して香りを立たせていく。
  2. 石臼でつぶすか包丁で細かく刻んだにんにくを入れ、香りを引き出す。
  3. 手で潰しておいたトマトを入れ、中火で水分を飛ばす。
  4. 水分が飛んだら弱火にしてターメリックとチリを入れ、軽く練るように混ぜながら粉っぽさがなくなるまで炒める。
  5. タマリンド水をざるでこしながら鍋に投入する。 ふたはせずに10分ほど煮た後、ラッサムパウダー、コリアンダーリーフを入れ3分ほど一煮立ちしたら完成。
レシピのメモ
  • トマト缶だと味が決まらないので生のトマトを使ってください。また、包丁で切るよりもぐちょぐちょに手で握りつぶした方がそれっぽい感じがします。
  • タマリンドの濃さも好みで変わってくるため、徐々に足しながら様子を見てもいいです。
  • スープとして食べるなら塩分は薄めに、ご飯や他のカレーと合わせて食べるなら塩分は濃いめにガツンと決めた方がおいしいです。
  • ラッサムは味噌汁のイメージです。味噌のように、仕上げに別で煮たトゥールダルなどを50〜100ccほど入れるとよりコクがでて重層的でおいしいです。
  • コリアンダーリーフはざっくりと切って根ごと入れてしまってもおいしいです。

 

rasam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

カレーは対話である。知れば知るほどカレーのことがわからなくなる。 カレーを食べる、作る、学ぶ、語る、愛でるという総合的アプローチにより「カレーとは何か」を追究し続けるカレー哲学者を勝手に名乗っている。