里芋と牛肉のカレー

発売予定日は2019年10月1日になります。

季節と旬のスパイスカレー 10~12月号
4人前スパイスセット 390円

ネット限定になります。

Print Recipe
【10月~12月】里芋と牛肉のカレー
分量
材料
分量
材料
作り方
  1. ※里芋は皮をむくときに洗わないで土がついたまま剥きます。そのあと洗います。そのほうが方がぬめりが出ず安全です。 ※スーパーでは剥いた里芋も売っています。
  2. サラダ油を中火のフライパンにひいて、ホールスパイスを加えて炒めます。
  3. カルダモンが膨らんできたら、にんにく、しょうが、玉ねぎを加えて強火で5分ほど炒めます。
  4. 玉ねぎが茶色くなったら、トマト缶を加えて実をつぶすようにして2~3分炒めます。
  5. 肉と里芋、カスリメティ、水を加え沸騰したら弱火で蓋をして、15分煮込みます。あらかじめゆでてある里芋の場合は10分でOKです。
  6. ※ひらひらのバラ肉を使うとこんな感じです。
  7. 蓋を開けて牛乳を加えてよく混ぜ、最後に塩で味を調えて完成です。(ここが重要!)
レシピのメモ

アレンジ方法

①酸っぱいカレーが好きだったら、牛乳の代わりにレモン汁1+砂糖小さじ1をいれてもOK
ビンダル―風に。

②里芋を1~2個、つぶしてよく混ぜ合わせるとトロトロになります。

7 件のコメント

  • 私でもスパイスカレー作れましたを、購入してからカレー作りにハマっています。
    本を参考に作っているのですが、こちらに載ってるレシピは、4人分でも、玉ねぎとトマトは、倍の2個ではなく、1個でしょうか?

    • 本を読んでくださりありがとうございます。
      厳密に言えば同じ味を作るためには2倍使った方が良いのかもしれませんが、2ー4人前までは1個ずつで大丈夫です。
      それ以上増える場合は倍量にした方が良いと思います。
      具体的に量の変化は、主役の量で決まります。ここでいうならば牛肉や里芋です。

      玉ねぎトマトは、お味噌でいう麹的なイメージです。
      2人前で作れば4人前で作るよりも、麹の多い味噌を使った感じになります。

      わかりにくい例えですみません…。

      結論を言うと、2ー4人前までは1個ずつで大丈夫です!
      ということです。

      色々作ってみていただけたら幸いです。

      • 早速、お返事ありがとうございます。
        作り方も詳しく教えていただき、ありがとうございます。やってみます!

        本当に本は、作り方がわかりやすかったので、敬遠してたスパイスカレーを作りたくなりました。
        絵や文章でわかりやすく、作り方についても、生姜ニンニクのひとかけの説明や、小さじスプーンの代替えについても、作り方も火の強さと時間で書かれていたのがとてもわかりやすかったです。
        素敵な本をありがとうございました。

  • とても美味しかったです。次はビンダルー風にして食べたいと思います!
    友人にもすすめたいのですが友人は玉ねぎが苦手です。玉ねぎを使わなくても作れますか?または玉ねぎの代わりに使うと良い野菜はありますか?

    • ありがとうございます。
      玉ねぎの苦手な方に作るときは、できるだけ小さいみじん切りにして溶け込ませるのがおススメです。
      玉ねぎは玉ねぎでしか出せない味があるので、ないと少し物足りなくなってしまうかもしれません…

  • こちらのスパイスを数種類購入し、スパイスカレーに挑戦します。
    高齢者用に具材をやわらかくしたいのですが、牛乳と塩を入れる前に圧力鍋を使用してもよいと思いますか?
    また、牛肉の代わりに豚肉は合うと思われますか?

    • 圧力をかけるときはごく弱火にしてこげに注意してください。

      豚肉でも鶏肉でも大丈夫です。薄い肉を使って最後に入れて火を通し過ぎないと柔らかく仕上がります。
      その場合は水を少し少なめにして煮込み、いい具合に仕上がった段階で肉を加えて塩で味を整えてください。

      いつも、ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    毎日自炊でインドカレー。22歳の女の子。大学では物理をゴリゴリ勉強中。 インドカレー初心者のためのおみせ「印度カリー子のスパイスショップ」の代表。「はじめてのスパイスキッチン」シリーズは、カレー好き、本格インドカレーをはじめたい人のために作りました。