おうちインドカレーのはじめかた。

インドカレー作ってみたいけど、やっぱりスパイスは難しそう…と思うあなたを想い、つづる。

まず、インドカレーをはじめるにあたり、カレー好きか否かより、食べることが好きで

・休日したいと思う趣味がない

・比較的暇だなと思う日がある

に両者どちらかに当てはまる方に勧めたいと思う。

カレーの趣味のいいところは、調理方法が単純で簡単に作れ、出来た後は味を楽しめ、最後に残らないことである。

(部屋が小さい一人暮らしにとって、手芸などの蓄積していく趣味は厳しい)

更には食べてもらい、美味しいといってもらえると、モチベーションが上がる。

スパイスを少し変えるだけでマンネリ化することなく、レシピがヘルシーなら最高!なのである。

ただ、やはりスパイスが難しそうに思う。

何故か。

人間は、1つの場面で2つ以上のわからない単語が出ると、潜在的に理解を諦めるモードに入ってしまう割合が急増する。

スパイスは2種類ではとどまらない、そう思うから、難しく感じるのだ。

では、発想の転換を図ろう。

インドカレーをはじめるために、2つのスパイスを覚えることをやめてみる

一度に2つのスパイスは、覚えてはならない。

覚えたかったら、その許可は残すとして、

今日という日は、何かどこかのスパイスをたった一つだけ覚えることにしよう。

スパイスセットの裏側に書いてある文字の一つを取っても良い。

何がいいか分からないなら、このサイトの好きなレシピを一つ選んで、その一番最初に出てきたスパイスを選ぶのも良い。

そして、その一つのスパイスと今日は友達になろう。

ほかのスパイスには手を出さず、今日選んだ一つのスパイスとだけ向き合う。

明日になったら、昨日友達になったスパイスのとなりにいたスパイスに、話しかける。

—名前はなに?

明後日はそのとなりにいたスパイスに話しかける。

—名前はなに?

気付くと、知らないスパイスは居なくなっている。

退屈な参考書のようなレシピが、まるで嘘だったかの様…。

新学期、友達を作る時も、一度にみんなの名前を覚えようとするからパンクする。

勉強しようとするとき、分からない言葉が同時に出くわすから挫折する。

スパイスだって同じだが、

スパイスには、諦めて欲しくないくらいの魅力があるのだ。

それを私は、共有したい。

いつか名前と顔しか知らなかったスパイスに実際に触れた時、その手ざわりと香りを知る。感動がある。

それは、次の楽しみになる。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    毎日自炊でインドカレー。22歳の女の子。大学では物理をゴリゴリ勉強中。 インドカレー初心者のためのおみせ「印度カリー子のスパイスショップ」の代表。「はじめてのスパイスキッチン」シリーズは、カレー好き、本格インドカレーをはじめたい人のために作りました。