ノンオイルでつくるダル(豆)カレー

スパイスカレーを作るときに必須と言われている油。それをなくしてみました。

なくすとわかることとしては、油は舌触りをよくする、コクやうまみを感じやすくなるということ。

ただ、この豆カレーならなくても差し支えないです。

ダイエット中の方や、油を控えている方にはこのレシピで作り、そうでもないご家族がいる場合は盛り付ける前に少量のバターを加えて溶け込ませると良いかもしれません。

ノンオイルでつくるダル(豆)カレー

分量 4 人分
印刷する  

材料
  

  • 120 g 乾燥ひきわり緑豆(ムングダル) 黒豆(ウラドダル)、キマメ(トゥールダル)などでもOK
  • 500
  • かけ にんにく みじん切り
  • かけ しょうが みじん切り
  • 1.5 小さじ 食塩 塩は肝であり、量は目安。塩の種類によって塩分が異なるので

パウダースパイス

  • 小さじ クミン
  • 1/2 小さじ ターメリック
  • 1/2 小さじ チリペッパ―

作り方
 

  • 豆を5時間以上つけておきます。圧力鍋に浸水を終えた豆、水、にんにく、しょうがを加えて、10分加圧し豆が完全につぶれるまで煮ます。(圧力鍋がない場合は鍋で1時間ほど煮ます)
  • スパイスと塩を加えてハンドミキサーにかけます。(ミキサーがない場合はおたまの裏でつぶします。)塩はしっかり味が落ちつくまで加えてください。
  • とろみがついたら完成です。お好みで刻みパクチーを盛り付けます。
  • ※もしもノンオイルにこだわらず、風味をアップさせたかったら、バター15gにクミンシード小さじ1/2を熱します。 クミンシードが泡を立てて全体がちゃんと浮かんで来たら、バターごとカレーに注いでください。

作るときのポイント

‪3工程&3つのスパイスで超絶簡単です。‬
‪一番難しいのは豆の入手でしょうか。‬

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)