Dear.Curry パンプキン

10分で作れるかんたんスパイスカレーシリーズ(2〜3人分)です。

無添加・無化学調味料の南インド風本格カレーが作れます。

かぼちゃを1/4カットほど用意し250~350gであればOKです(写真は330gほど)。冷凍カボチャでも大丈夫です。

最低250g、たくさん食べたい方は350gご用意ください。

Dear.Curryパンプキンかぼちゃだけで作るのがおすすめです。

特に、初めて作る方はお肉などを加えたい気持ちを抑えて、かぼちゃだけでお作りいただくことをおすすめします。

★ご購入はこちらから

★取扱店舗一覧はこちら

★商品をお取り扱いしたいお店の方はこちら

Dear.Curry パンプキン

分量 2 人分
調理時間 10 minutes
印刷する  

材料
  

  • 1 セット Dear.Curry パンプキン
  • 250〜350 g かぼちゃ 小さく切る
  • 100 ml
  • 1 小さじ サラダ油

作り方
 

作り方

  • かぼちゃは小さく切ります。かたくて切りにくい場合は丸ごとラップをして600Wのレンジで2〜3分加熱すると良いです。
  • フライパンに油を引いて付属のホールスパイスを中火で1分ほど熱します。
  • はじめに油を熱してしまうとスパイスが突然跳ねることがあります。慣れない場合は冷たい油の中にスパイスを入れて火をつけるようにします。
  • かぼちゃを加えて2分ほど炒めます。中火のままで軽くこげ目がついても良いです。
  • 付属の銀色のペーストと水を加えて混ぜ合わせます。
  • ふたをして7分煮込みます。沸騰し出したら弱火にしてこげ付かないようにします。
  • かぼちゃが柔らかくなっていたら完成です。

より美味しく食べるためのヒント

  • 最後にかぼちゃを数かけつぶしてとろみをつけると美味しいです。
  • パンと食べるのもおすすめです。

「Dear.Curry パンプキン」への3件のフィードバック

  1. Dear Curryの中で特に大好きです。
    ご飯が進みます。
    それはただ美味しいからだけじゃなく、香りでご飯を食べている感じもして感激しました。
    味覚嗅覚、そして合わせる具材ともに私の好みです。
    そこで、探究心からお伺いしたいのですが、
    このカレーについて一番のポイントはどこになりますか?

    私としては、スパイスの中だとフェヌグリークがポイントになっているのではないかと考えました。
    そう思うに至った感想の経緯です。
    ・かぼちゃとシナモンという組み合わせがそもそも最強
    ・クリーミーなのに後からピリッとくるスパイシーさ
    (カリー子さんのカレーで、毎回感動するポイントでもあります。ほうれん草のカレーでも同じ気持ちになりました)
    ・なんといっても香りが好き
    ・フェヌグリークの持つ甘い香りがすでに美味しい(こちらに着目しました)

    レンズ豆やさばカレーでも、玉ねぎを炒めている際に玉ねぎ以外の甘みを含む匂いがしたので
    『多分これ、フェヌグリーク由来なんじゃないかな』と思いました。
    この香りが他のスパイスや具材に奥行きといいますか、より風味豊かなものにしているのではないかと、、そう感じました。

    カリー子さんのお話をいつか直接お聞きしたいものです。
    自分自身でも1から作ってみたいと思いますが、こちら箱買いのチャンスも欲しいものです
    いつもありがとうございます

    1. コメントありがとうございます。

      通ですね!私もDear.Curryの中でしたら一番パンプキンが好きだったりします。

      このスパイスの調合比もかなり気に入っています。
      肉や魚のスパイスは比較的なんでも美味しくまとまる傾向があるのですが、野菜はそうとはいきません。
      それは、野菜が特徴的な香りを持っていたり、脂質が少なかったりすることによります。

      私はもともとかぼちゃが嫌いでした。ですが、かぼちゃのカレーを作って感動し、今では大好きになりました。
      嫌いだった理由としては、かぼちゃは甘いのが特徴的なのにもかかわらず、和食では醤油などで塩味を立ててくることに違和感を感じていたんだと考えていて
      ならばいっそ、甘いものは甘さを引き立てようというのが調合時の考えに反映されています。

      おっしゃる通り、フェヌグリークシードはうまく香り付けるとメイプルのような独特な香りを持っていて、同様に甘い香りを持つシナモンなどとの相性が抜群です。
      ただ、同時に強い苦味も持つスパイスなので入れすぎると噛むたびに苦いカレーになってしまいます。
      (蛇足ですが、良薬は口に苦しというのが正しくで、フェヌグリークは効能高いスパイスのひとつです)

      スパイスもそうですが、かぼちゃのカレーとさばカレーには少量のお砂糖を入れています。
      かぼちゃのカレーは至極甘いかぼちゃで作ると砂糖は要らないのですが、普通のかぼちゃだとほんの少し入れるとかぼちゃの旨味とスパイスの香りがより奥深く感じられると考えているからです。
      (またまた蛇足ですが、サバカレーは南インドでよく使うタマリンドの代用である「レモン汁+砂糖」の砂糖の部分をになっていますが、これもココナッツミルクの旨味とスパイスの香りを引き立てています。なのでスパかん♪のレンズ豆のカレーにも少量の砂糖を加えるとまた違った味わいのカレーになります!)

      今年あたり、Dear.Curryの単種売りもできるようにしたいと考えています。順次進めていく予定です。こうしたい!と思っても、働いている障害者の方が毎日混乱ないように仕事ができるよう迅速な変更をしないようにしております。皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、ご容赦いただけますと幸いです。

      長くなってしまいましたが、素敵なメッセージをありがとうございます。
      今後ともよろしくお願い申し上げます。

  2. ご丁寧にありがとうございます。
    勇気を出して質問してよかったです!
    また、カリー子さんのカレー相談室を始めた時期とこちらの質問のタイミングが被ってしまい大変恐縮です。

    かぼちゃのカレーの開発秘話を聞けたようで感激しました。
    そして砂糖の効果について今一度確かめたく、
    ご返信頂いた週末にレンズ豆のカレーで頂きました。
    様子を見ながら砂糖を加えましたが、より自分の好みの味になり美味しかったです。
    レンズ豆のカレーが私の中で『朝ごはんに食べたいカレー』1位に躍り出ました。
    大人になって、カレーに甘みを加えるという発想がそもそもなくなっていた事にも気がつきましたし
    砂糖の効果はただ甘いだけじゃないということの一端を実感でしました。(カレー作りに活かします!!)
    単体売りの要望に関しましても、ご回答ありがとうございます。
    そこで働く皆様あっての美味しいカレーですので、お気になさらないで下さいね。
    カリー子さんのおかげで食への探究心が強まり、日々楽しくカレーを食べています!
    これからもどうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)