NEW ポークビンダルー

2022年7月。

季節と旬のスパイスカレーで大人気だった「ポークビンダルー」がさらに一層スパイシーになってリニューアルします。

 

フェンネル、パプリカ、スターアニス、シナモンの四重層の甘いスパイスの香りと、白ワインビネガーのすっきりとした酸味。

気だるくなるような暑さやさっぱりしないない蒸し蒸しとした夏に合わせた甘酸っぱい仕上がりです。

白いご飯(できたら長米)にかけてよく混ぜ合わせてから食べるのも、カリッと焼いたバケットをつけて食べるのも最高です。

 

 

ポークビンダルー初体験なら

 

「ポークビンダルーなしにこの夏は語れない!!」

 

となること間違いなし。

※季節と旬のスパイスカレー NEWポークビンダルーは印度カリー子のスパイスショップで2022年7月上旬発売予定です。

NEWポークビンダルー

白ワインビネガーでフルーティーな軽い香りを甘いスパイスと掛け合わせます。漬け込みなしで短時間に作れるビンダルーです。
分量 4 人分
印刷する  

材料
  

  • 400 g 豚肩ロース肉 400~500gでOK。一口大に切る
  • 1 玉ねぎ 200g。1mm厚の薄スライス、スライサーなどを使うと良い
  • 1/2 トマト 100g。トマト缶、ミニトマトなどでも良い
  • 1 小さじ にんにく すりおろし
  • 1 小さじ しょうが すりおろし
  • 100 ml
  • 50 ml 白ワインビネガー 白ワイン25ml+酢25mlでも代用可能。他アレンジはレシピの最後に
  • 1 大さじ サラダ油
  • 1 小さじ 砂糖
  • 1 小さじ 食塩 粗塩使ってます
  • 1 セット 季節と旬のスパイスカレー NEWポークビンダルー 4人分スパイスセット(ホールスパイス、パウダースパイス、ベイリーフ)

作り方
 

  • フライパンにサラダ油を入れ、ホールスパイスを中火で加熱します。
  • マスタードシード(黒い小さな粒々)が飛び出ないようにフライパンを傾け、軽く揺すりながら油の中に浸るようにして熱すると良いです。
  • マスタードシードのはねが収まってきたら、玉ねぎ、にんにく、しょうがを中〜強火で茶色くなるまで炒めます。(約8分)
  • トマトを加え実が完全につぶれるまで弱〜中火で炒めます。(約3〜5分)
  • トマトの皮が丸まってくるまでしっかり水分を抜く様にして炒めると良いです。
  • 豚肩ロース肉、パウダースパイス、砂糖、食塩小さじ1を加え中火で2分ほど炒め合わせます。
  • 水、白ワインビネガー、ベイリーフ(大きな乾燥葉)を加え沸騰させ、ふたをしてから弱火で10分ほど煮込みます。
  • 最後に食塩(分量外)で味をととのえます。
    ホールスパイスやベイリーフは完成後に取り除くか、食べながら噛んで香りの変化を楽しんでも良いでしょう。

作るときのポイント

豚肩ロースは私が最も好きな部位です。赤身にバランスよく白身が入っている「肩」ロースはカレーによく合います。
 
普通のロースだと赤身と脂身が分かれていて、硬い部分が多くバサバサした食感になり、旨味も出にくいです。
 
豚もも肉もバサバサするため、あまりお勧めしません。
 
豚バラ肉は脂身が多いので、ガッツリ系が好きな人、とろっとした脂のとろけ具合が好きなにはおすすめですが、脂に弱い人はお勧めしません。

ポークビンダルーは南西インドのゴアという地方が発祥のカレーで、旧宗主国のポルトガルの影響を受けた西洋風のカレーです。

初めて作る人は

「甘酸っぱい」「ヨーロッパ風で」「大人のワイン風味の」「スパイスシチュー」

という気持ちで作ると良いかもしれません。

 

と言っても、かつてゴア現地で食べたポークビンダルーは、もっと酸味が控えめでスパイスも穏やかな優しいカレーでした。

 

このスパイスセットでできるポークビンダルーは私好みのガツンと酸っぱく、甘く、スパイシーなポークビンダルーです

 

酸味の強さはビネガーの量で調整できるので、もっとやわらげたければ半量を水で置き換えて見ても良いかと思います。

 

ポークビンダルーは私も姉もトップ3に入るくらい大好きなカレーで、特に夏はこの酸味を自然と欲するようで!本当に頻繁に食べております。以下では我が家でよくやるおすすめのアレンジ方法をご紹介します。

 

★アレンジ1★チキンビンダルーに!

豚肩ロースを鳥もも肉にするだけです。もっと軽い香りのビンダルーになります。チキンビンダルーはもっと日本米に合わせやすいです。ターメリックライス(日本米2合に対しターメリック小さじ1/4を加え炊飯器で通常通りに炊く)などにしても良いですね。

 

★アレンジ2★スクイドビンダルーに!

豚肩ロースをイカ(スクイド)に変えるだけです。スルメイカのサイズで2〜3杯分で、わた、背骨やクチバシを取り除いた後に輪切りにします。煮る時間は5分ほどでよく、塩気が強くなってしまった時は若干水を増やしてシャバシャバな仕上がりにしてOKです。これは圧倒的ごはん、バスマティライスがおすすめです。

 

★アレンジ3★ビーフビンダルーに!

豚肩ロースを牛肩ロース(ステーキ用のオージービーフなど)に変えるだけです。もっと香りの強いビンダルーになります。ビーフビンダルーは濃厚な風味な分、カンパーニュのようなシンプルなパンと合わせて食べるのが好きですね!

 

★アレンジ4★肉の一部をじゃがいもで。

インドだとビンダルーに時折じゃがいもが入っていることがあります。肉の一部を大きめに切ったじゃがいもに置き換えて作るだけなんですが、これが肉の代用を超えてほろっととろっと崩れる感じがたまらないんですよね。

 

★アレンジ5★赤ワインビネガーで!

白ワインビネガーを赤ワインビネガーに変えて作ります。もしくは赤ワイン 25 ml + 酢 25 ml 。もっと深みのあるビンダルーに仕上がります。赤ワインビネガーで作るビンダルーが個人的には大好きなんですが、赤ワインビネガーってビンダルー以外にあまり使わないんですよね。笑

我が家ではビンダルーを作るためだけに赤ワインビネガーが常備されています。

ちなみに白ワインビネガーはドレッシングをはじめとした簡単な料理に使えるレシピがたくさんあるので、まだお持ちでない方も一本持っていると便利かと思います。

 

★アレンジ6★バルサミコ酢で!

白ワインビネガーをバルサミコ酢に変えて作ります。赤ワインビネガーよりもさらにコクが深いビンダルーになります。これも大好きですね〜!ちょっと高価なビンダルーになりますが、バルサミコ酢の奥深さはたまりません。

ちなみに白ワインビネガーは白ブドウ、赤ワインビネガーは赤ブドウから作られた酢です。さらにバルサミコ酢はブドウ果汁を煮詰めた後に熟成させてできた酢で、それぞれブドウからできている酢ですが風味が異なります。

我が家では基本的にワインビネガー、バルサミコ酢でしか作りませんが、きっと美味しいリンゴ酢や美味しい黒酢などで作っても美味しいんだろうな〜!と思っております。

もしチャレンジした方がいたら教えてくださいね!

 

1つ目のスパイスセットはレシピ通りに、2つ目は好きな素材に変えて、3つ目は酢を変えて・・・とお楽しみいただけたら幸いです!

 

 

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)