インド旅行4日目 ヴァラナシでロケ取材!?

ヴァラナシにてインド旅行も4日目。

なんと2日目の夜にインドでのロケ取材のアポが入り、急遽ヴァラナシでの撮影が決まりました。
昼から撮影です。※動画公開はもう少々お待ちください。

朝起きて、ゲストハウスのキッチンをのぞくといい香りが。

たっぷりの油で、揚げるように玉ねぎを炒めています。

暫くするとアルゴビ(カリフラワーとじゃがいものカレー)が。
ゲストハウスのインド人の賄い飯のようです。お、お、お、美味しそ~。

そのあと午前中はのんびりして、街を歩いたり、ゲストハウスで宿に泊まっている人たちとお話したり。

お昼になり、ディレクターが到着。ロケが始まりました!

早速、カレー屋さんに行きます。

どどどーん。

ばばーん。

張り切ってお店で一番スペシャルなターリーを頼みました。でもこれで290ルピー(≒490円)。

12種類のベジターリー!

①パニールマサラ(チーズのカレー) ②アルマタール(じゃがいもとグリンピースのカレー) ③ダルマカニ(豆のカレー) ④サグマタール(ほうれん草とグリンピースのカレー) ⑤ベジプラオ(野菜炊き込みご飯) ⑥カード(インド風ヨーグルト) ⑦グリーンチャトニ(ミントのソース) ⑧アチャール(オイル漬け) ⑨サラダ ⑩パパド(豆のせんべい) ⑪ナン ⑫ミスィロティ(豆粉入りブレッド)

テンション上がりまくります!!!

サリーを召して食べまくります!!!

こちらはADさんの。パニールマッシュルーム(チーズとマッシュルームのカレー)です。

めちゃめちゃ濃厚です。ベジとは思えません。

その後、街の散策などを収録し、夜。

夜は祈りの儀式”プージャ”を見に行きました。

ガート沿いに陸側、船側から見る多くの人々。

街中の人たちが毎日お祈りをしにここにやってきます。

8名の若い男性の聖職者の方々に続いて、皆で手をたたいたり歌を歌ったり。

この日は満月でした。

火も焚かれ、あたりは美しい香りが漂い、不思議な雰囲気が流れます。

プージャは1時間ほど。皆ガンジス川のほとりに集まり、祈るのです。

特別な時間でした。

ゲストハウスに帰り、高揚した気持ちを落ち着けてから再び街へ。

街はいつものヴァラナシに戻っていました。

少し歩くだけでめちゃめちゃ話しかけられます。

ヴァラナシの現地の人は観光客慣れしているので、より話術がたくみです。日本語を話せる人も多いです。

色んな誘いを断り、路上でバナナとカスタードアップル(釈迦頭)、ザクロを買い、露店のラッシー屋へ。

ヴァラナシのラッシーはヨーグルトに砂糖をたっぷり入れて、掬って食べるタイプです。

激甘です。私はラッシーのもとになるヨーグルトだけをオーダー。20ルピー(≒32円)でした。

濃厚なチーズの様な味わいで、ヨーグルト好きにはたまりません。

果物を入れて頂く、そんな南国の夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

毎日自炊でインドカレー。22歳の女の子。大学では物理をゴリゴリ勉強中。 インドカレー初心者のためのおみせ「印度カリー子のスパイスショップ」の代表。「はじめてのスパイスキッチン」シリーズは、カレー好き、本格インドカレーをはじめたい人のために作りました。